ゲージ製作
NC成型研磨、ワイヤー放電加工により、各種ゲージを製作しています。どちらの製品も独自の仕上げ方法によりミクロン台の公差に対応可能。 品質、価格、納期のバランスで多くのお客様にご評価頂いています。

スプラインゲージ加工

事例紹介

スプラインプラグゲージ(超高精度スプライン加工製品)

NC成型研磨によるスプライン加工は当社で最も精度が求められる加工の一つです。OPD精度で±0.002㎜の公差にも対応。お客様のニーズに合わせた高精度なゲージを確かな品質でご提供します。

プラグゲージ対応実績

モジュール 0.3~対応可能
スプライン大径 φ10mm~
材質 SKS/SKD/SKH/HAP/超硬 等
歯面長さ ~350mm まで対応可能
※諸条件により上記に当てはまらないこともございます。

0.1mmワイヤーによるモジュール0.3ゲージ

歯面長さ250mmの長尺スプラインゲージ

拡大表示

スプライン部が超硬製のゲージ

モジュール0.35の微細スプラインゲージ

拡大表示

大径80mmの大型ゲージ

両口通止めゲージ

拡大表示

スプライン部が超硬製のゲージ

特殊形状スプラインゲージ

拡大表示



リングゲージ対応実績

モジュール 0.3~対応可能
スプライン大径 φ7mm~
材質 SKS/SKD/SKH/HAP/超硬 等
ゲージ厚さ ~135mm程度
※諸条件により上記に当てはまらないこともございます。

スプラインリングゲージ

製造現場での製品測定に欠かせないリングゲージ。ワイヤー放電部門では一品ごとに諸元の異なるゲージ製作に迅速に対応しています。スプライン部分の独自の仕上げ方法により、高精度、長寿命なゲージをご提供します。

モジュール0.35の微細スプラインゲージ

拡大表示

スプライン部が超硬製のゲージ

拡大表示

大径135㎜の大型スプラインゲージ

拡大表示

長尺スプラインゲージ(t=135mm)

拡大表示