お問い合わせ

SKILL 加工技術

形彫放電加工/細孔放電加工

45年に及ぶ経験と19台の設備。ニッケル合金等の難削材加工経験も豊富。難削材加工・難形状加工はお任せください。

  • 16台の形彫放電、3台の細孔放電加工機を設備
  • 高さ600mmの大型ワークに対応可能
  • ロータリーテーブル付設備による割出加工

当社は放電加工機の普及初期から設備を導入。以来45年以上にわたり、多数の加工機を使用し、多種多彩なノウハウを蓄えてきました。最新鋭の機種から、高さ600mmの大型加工機まで、機械の能力を最大限に活用し、難加工・短納期ニーズにお応え致します。

大型・長尺ワークの加工

特殊加工槽、コラムアップ仕様の設備を積極導入し、最大高さ600mmまでの大型加工に対応。金型、長尺のシャフト、航空機関連部品等、大型製品の加工に対応。

EA30M、EX30は共に特殊加工槽、コラムアップ仕様により最大サイズ1350×1000×600のワークに対応可能。

EA12PSはコラムアップにより小型機ながら高さ450mmまでのワークに対応可能。

細孔放電加工機2号機はコラムアップにより高さ600mmまでのワークをセット可能。600mmまでのロング電極使用により、高効率な超深穴加工が可能。

ロータリーテーブルによる割出加工

細孔放電加工ではワークを回転傾斜させ穴あけ加工が可能。難削材に対する高速深穴加工に効果を発揮。

縦型ロータリーテーブル搭載のEA28V Advanceではワーク側面への高精度割出加工が可能。